logo

引っかけスライス 合う ドライバー

村井プロ: 皆さんこんにちは! 虎ノ門ゴルフプラザ村井でございます! 今日はですね、この間やったスライスの反対フック引っ掛けで悩んでいる方に向けてのレッスンをしたいと思います。. 中調子(下図青) 3. では、スライスは絶対に“悪”なのかというと、そんなことはありません。ツアープロにも強いスライスを持ち球にしている方はいらっしゃいます。ただしそれは「狙って打っている弾道」での話。自分でコントロールできない弾道は、スライスだろうとフックだろうとミスですよね。大切なのは、弾道を安定させることです。いつも右に曲がっているボールが突然左に曲がったり、右に曲がる弾道でも毎回曲がり具合が違ったりしては、スコアは安定しません。 常に安定した曲がり幅のスライスを打てるなら、無理に修正する必要もないでしょう。ただ冒頭でも触れたように、スライス回転の球は飛距離ロスにつながりやすいのです。曲がり幅を軽減させて安定させれば結果的に飛距離も伸びる可能性があるのですから、スライスの軽減を試みる価値はあると思いますよ。 今回は、スライスのタイプに合わせてより安定した弾道が打てるドライバーをご紹介するもの。「打ち出し方向が安定しない. そのスライスですが、実は大きく分類すると2種類あるんです。1つは目標方向に対して右に打ち出し、そこからさらに右に曲がってしまう「プッシュスライス」。もう1つは、目標方向に対して打ち出しは左ですが、そこから強く右に曲がっていく「カットスライス」です。 ひとくくりにすれば同じスライスですが、それぞれミスの原因が微妙に異なります。ミスの原因に合わせてドライバーを選べば、弾道をより安定させることができるでしょう。今回は、私なりに「プッシュスライス」向けのドライバーと「カットスライス」向けのドライバーを選定しましたので、よければ参考にしてみてください。. 1/イントロダクション。レッスンに関する最新情報はパーゴルフの新メディア〜PAR GOLF PLUS. See full list on ghidorah. ダブルキックポイント こまかく言うと、先中調子など先調子の中でも中寄りがしなりやすいシャフトや中元調子のように中調子だけど元側がしなりやすいシャフトなどがあります。ただ、今回はKPが何かということを理解するために割愛させてもらいます。. ■TOUR B JGR ドライバー モデル(ブリヂストンゴルフ).

今回はドライバーやアイアンの引っ掛けの原因と直し方について、ご紹介させていただきたいと思います。 その前に簡単な説明ですが、引っ掛けとは、右利きの方の場合、目標よりも左に真っ直ぐ飛んでゆくショットになります。. ドライバーのスライスについては今までにもいくつかその直し方についてご紹介してきました。 しかし、ドライバーって面白いクラブで、毎日のように新たな問題点が出てくるように感じてしまうこともあります。. スライスを減らすドライバーを、スライス・バスターとか、スライス・キラーと呼んでいます。 スライサーがドローを打てるドライバー スライサーが捉まったボール、フック回転のドローを打つことができれば、それだけで飛距離アップすることができます。. スライスを克服して初めて見ることができるゴルフスタイルがあります。みなさんもスライスを克服して飛距離アップを目指しましょう。 スライス対策としてドライバーを選ぶポイントは下記を参照してください。あくまで一つの指針としてみてください。. ドライバーの精度を高めつつ、さらに飛距離を求めるハングリーな上級者ゴルファー。ボールをある程度自在に操ることができる腕前の持ち主だが、最近の悩みはたまに出てしまう“引っかけ”とのこと。 テスターの悩み「たまに出る引っかけをなくしたい」. チーピンやひっかけ、フックとは全て左に曲がってしまう球筋です。 これらのミスは腕が良く振れるようになったから起こる現象です。 そのため多くの初心者がスライス打ちから少し上達した証でもあるのです。 しかしミスショットには変わりがなく.

引っかけスライス 合う ドライバー スライスが原因で右OBが多いならば、「何だこりゃ」ってぐらいのフックフェースのドライバーを一度は使ってみて下さい。 マーク金井がこれまで最高に捕まる(左に飛び出す)ドライバーだと感じたのは、 キャロウェイ の四角形ドライバー「FT-iQ」。. ■インプレス UD+2ドライバー(ヤマハ). See full list on kakakumag.

ドライバーがスライスする原因は多種多様ですが、そのうちの一つにシャフトの問題があります。そこで今回は、シャフトが原因でドライバーがスライスするパターンとそれぞれの対策方法をご紹介します!さらなるゴルフ上達を目指すためにも、初心者はもちろん上級者の方もしっかり学んで. ドライバースライスの直し方教ます!! 当サイトでは、ゴルフ初心者にとって、最大の壁となる『ドライバーのスライス』を克服するために必要な方法を紹介しております。 ゴルフのスコアが100を切れない原因はスライスにあります。. ドライバーのアドレスで左を向くと引っかけになりやすい. 前回のレッスンでは、目澤秀憲プロが、スライスといっても左に出て右に曲がる「プルスライス」と、右に出て右に曲がる「プッシュスライス」の2種類あることをレクチャーしました。今回はそれぞれのタイプ別スライス解消方法です。自分のクセに合ったドリルでボールがつかまり出すこと. 一度引っかけたら止まらない底なし沼 「ラウンド中に一度でも、引っかけ始めると、もうアウト。抜け出そうともがくほど、深みにハマる底なし沼のように、引っかけ癖から抜け出せなくなってしまうんです。・・・私だけでしょうか?」(志村さん、ゴルフ歴5年) あなただけではありません. ドライバーショットが常にスライスするゴルファーを、「スライサー」と呼ぶことがあります。 そうしたスライサーになる原因は軟らかいシャフトにあるという人と、硬いシャフトが原因という人がいます。 今回はこうした考え方の相違が生まれるドライバーのシャフトとスライスの関係に. ゴルフクラブを構成するのは、「クラブヘッド」「シャフト」「グリップ」の3つのパーツです。 引っかけスライス 合う ドライバー その中で、アマチュアゴルファーがすぐに気にするのがクラブヘッドのデザイン。次にシャフトの特性。最後にグリップをちらっと気にするという順番であろう。 グリップは消耗品で一番やすい.

ドライバーショットのボールの置く位置は「左かかとの延長線上」が基本です。 もちろん個人によって差はありますが、スライス・ひっかけが出てしまうゴルファーは、練習の時からボールを置く位置に注意して練習するようにしましょう。. 海外メーカーのドライバーのほとんどが直進性の高いモデルです。そういったモデルはヘッドのターンが穏やかになりやすいので、フェース面がスクエアを過ぎて当たって左に打ち出すカットスライスに悩むゴルファーにはピッタリです。ご紹介した2本の違いは 打ち出しは左のままスライスを軽減させて安定しやすいG410 SFT 打ち出しもスクエアに寄せつつスライス幅も軽減させ、なおかつスピンも減らしやすいM6 といった感じ。安定感のG410 SFT、飛距離も欲しいM6といったところでしょうか。. 元調子(下図赤) 引っかけスライス 合う ドライバー 4. シャフトは、しなりやすい部分がどこかというものを表示したKP(キックポイント)というものが大まかに分けて4種類あります。 1.

筆者の場合はシャフトはスクエア(インパクト時にまっすぐ)になっているので、シャフトを変える必要はありませんでした。そこでヘッドだけでスライスやフックを治す方法を紹介します。アドレスした時にフックフェイスのヘッドなどがあります。これはGOLF5さんで「フェイスが閉じたヘッドってどれですか?」って聞けば簡単に教えてくれます。簡単に言うと、インパクト時にフェイスが開いているなら、その分もともと閉じているヘッドを選べばいい。反対にフェイスが閉じて入ってしまうならアドレス時に開いているヘッドを使えばいいんです。簡単ですよね。 そこで登場するのが最近流行っている調整ができるヘッドです。フェイスを閉じればつかまりをよくできるし、開けばつかまりを悪くでき、スライスやフックを調整できるわけです。 何が言いたいかというと、結局ヘッドを買う時は自己調整できるヘッドを買えばいいんです。最近は調整できるヘッドが主流なので!. 先調子(下図緑) 2. スライスしないドライバーの条件を覚えよう! 【年最新】ゴルファーの難敵!スライスをしないドライバーおすすめ10選! 第1位:prgr(プロギア) new super egg 480; 第2位:ダンロップ ゼクシオ11(イレブン) 第3位:ping(ピン)g410 sft ドライバー. ドライバー スライス防止対策はクラブ選びから! 非力でも飛ぶドライバーランキング|レディースやシニアに合うドライバー パターの打ち方 右手主導クロスハンドに変えてから安定したスコアーでベストスコアーが!. 引っかけスライス 合う ドライバー それでは、それぞれのスライスに効果のあるドライバーをご紹介していきましょう。最近のドライバーはみなヘッドが大きく、ヘッドの重心位置が、シャフト軸線から深く長い位置、簡単にいってしまえばシャフトから遠い位置に設計されているものが多くなっています。 シャフト軸線から重心が遠い位置にあると、芯を外しても曲がりにくくなるのですが、半面、ヘッドを返しにくくなります。こういったクラブは主に海外メーカーに多いですね。これもあって最近では、スイング中のヘッドターンをあまり大きくしないような理論が主流になりつつあります。 しかし日本のゴルフ界には「ヘッドターンは積極的に行うべき」という思考が色濃く残っており、実際にそういったスイングのアマチュアゴルファーはまだまだたくさんいらっしゃいます。ヘッドターンを積極的に行うスライサーのゴルファーが最近の大きなヘッドのドライバーを使うと、ヘッドをターンさせづらいためにプッシュスライスが出やすくなるのです。そのような日本の事情に詳しい日本メーカーは、そういった日本人に合ったクラブを開発しているため、主流である重心の遠いクラブとはちょっと趣が違います。重心は海外ブランドのモデルほど遠くなく、特にヘッドターンのしやすさに大きく影響する「重心距離」が短めに設計されているものが多いのです。この違いがプッシュスライス、カットスライスの違いにちょうど当てはまるのです。 左が日本メーカーの、右が海外メーカーの、ともにスライスを軽減し飛距離アップを狙って作られたドライバー 日本のゴルファーの事情を踏まえた日本メーカーのスライス軽減クラブと、世界のゴルフトレンドを踏まえて開発されている海外メーカーのスライス軽減クラブでは、機能がかなり異なります。ひと言でいえば、ヘッドをターンさせやすくしてスライスを軽減させる日本メーカー、ヘッド自体の性能で曲がりを抑える海外メーカーといったところでしょうか。ひとつ注釈ですが、ヘッドの返りやすい特性は、あくまで「スライス軽減を狙ったクラブに限る話」です。国内メーカーのすべてのドライバーがそうなっているわけではありません。 要は、プッシュスライス、カットスライスは、メーカーのスライス軽減を狙ったドライバー作りに対する考え方によってそれぞれ克服できるということです。 【プッシュスライス】 フェースが戻りきらず開く→ヘッドをターンさ. ■ゼクシオ イレブン ドライバー(ダンロップ). オープンフェースを直せばスライスは2度と出ない vol. やさしいアスリートモデルとして人気があるのがこのモデルで、ヘッドターンのしやすさに加えて直進性の高さがウリ。狙った方向にさえ打ち出せれば安定して直進性の高い弾道が打ちやすい設計になっています。アスリートモデルではありますが、打点のミスへの許容性も持ち合わせているので、プッシュスライスでお悩みの方は身構えずに一度試打してみることをおすすめします。 シャフトバリエーションが多いのも魅力のひとつ。純正シャフト「TOUR AD for JGR TG2-5」との組み合わせは、タイミングが取りやすくクセがないので、初中級者でスライスに悩む方に特にオススメです。シャフト専門メーカー製のカスタムシャフトは純正ではどうしても合わない人のためのもの。純正を試したあとに「もっとこういうシャフトはないか」と店員さんやフィッターさんに伝え、相談して選んでいくのがベターです。 フェースローテ―ションが割とやりやすいため、テークバックで大きめにフェースを開いても、インパクトで間に合います.

飛距離にこだわったシリーズのドライバーです。最大の特徴は、ヘッドがターンする力が非常に強いこと。ほかの2本はどちらかというと「ヘッドが返しやすい」といった表現にとどまりますが、このモデルは「ヘッドが自らターンする力」をかなり持っています。少々振り遅れたとしてもこの力によって右へ打ち出すミスをクラブがカバーしてくれます。 それだけにニュートラルなスイングで打つと自然とドロー系の弾道が出ます。強いプッシュスライスでお悩みならこのモデルですね。反対に軽いプッシュぐらいの方が使うとフックボールになる可能性もあります。それぐらい強い補正能力を持ったモデルです。 自らヘッドターンをしてくれるということは、表現を変えれば「インパクトでフェースがスクエアの位置よりさらに戻ってくる」こともありうるということ。ヘッドが通る軌道よりもフェースが左方向を向けば、スライスすることはなくなります. ■G410 SFT ドライバー(ピン). フェードが打ちやすいドライバー、フェードヒッター向けドライバーの紹介です。 フェード・ヒッター向けのドライバー、自分の持ち球はスライス フェードだと思っていたけど、スライスだった チーピンが危険だから. ゴルフスイングはボールが曲がるとオープンスタンスやクローズスタンスにする人がいますがそれ自体が間違っています。 引っかけを打つ人がオープンスタンスにするのは引っかけが出て当然です。. いかがでしたか。ちょっと説明しなければならない部分が多く、長くなってしまいましたが、右に打ち出してスライスする方はヘッドターンさせやすいモデル。左に打ち出してスライスする方は、直進性の高いモデルを使うと、スイングを変えなくても症状を緩和し、いい結果につながりやすくなるはずです。ぜひ参考にしてみてください。 写真:野村知也. スライサーが使うと効果のあるドライバーとはどんなクラブでしょうか? 市販のスライサー向けドライバーには 3つの特徴 があります。この特徴を利用することにスライスを改善する事ができます。 (1)重心距離の短いドライバー. ドライバーのスライスを直したい 多くのゴルファーは、右に切れていく「スライス」を打っていると思われます。 要は「カット打ち」になっているのです。.

こちらも2月に発売になったばかりの最新モデルです。直進性の高さと強い弾道がウリのアスリートモデル。クラブとして、スライスを補正する能力は正直それほど高くありません。しかしカットスライスのボールをあえてこのクラブで打ってみると、強い弾道で左への打ち出しも治まり、なおかつスライス幅も抑えることができました。 ただ、ある程度のヘッドスピードがないとこのヘッドの低スピン性能を生かしきれないので、打ち出し角を増やすべく多めのロフトをチョイスすると安定したフェードボール(右方向へ曲がりの少ない球筋)が打てると思います。 反発係数を一度超えてからルールの範囲内に落とすという異例の方法で作られているM6。直進性の高さはトッププロからもお墨付きです. スイングはそのままとしてヘッドとシャフトの2つに分けて考えます。つかまりをよくするにはヘッドをクローズにし、シャフトを先調子にすればヘッドが走るからつかまりやすい。逆につかまりを悪くさせるには(フッカーの人)ヘッドは開き、元調子にすればつかまりが悪くなる。ヘッド自体は基本設定でノーマルの状態でつかまりのいいヘッドと、悪いヘッドというものがあります。これは、お店の人に「つかまりのいいヘッドって何?」と聞けば快く教えてくれるでしょう。それに最近は、セルフ調整できるヘッドが多く作られているので、それを買っておけば基本設定ではつかまりの悪いものを自分で調整してつかまりを良くすることだってできますよね。 例えば・・・こんなやつ↓。 引っかけスライス 引っかけスライス 合う ドライバー 昔はこれを鉛を貼って行っていました。ヘッドが刺さっているシャフト側に鉛を貼ることで、ヘッドの先が走りやすくなってつかまりが良くなる(スライサー向け)。反対にヘッドの先に貼ることでヘッドの返りを予防する(フッカー向け)。最近はそれをヘッドを買うだけで調整できるいい時代になりました。. /8/22更新 どうもまさです 以前初心者ゴルファーのミスに多いスライスを軽減してくれるドライバーを厳選した『【. 」なんて方もたくさんいると思いますが、そういった方のほとんどは、基本の弾道をどうにかしようと毎回スイングが変わってしまっていると思われます。基本はスライスするんだけど、どっちのタイプかわからないという方は、練習場で特にスイング的なことは何も意識せず、しっかりと目標方向を定めたうえで3球ほど8割ぐらいの力で打ち、目標方向に対して左右どちらにボールが打ち出されているか確認してみましょう。特に何も意識しなければ3球とも同じ方向に行くはずです。それでも散らばる方は、クラブとスイングがマッチしていない可能性が考えられます。. 先調子 先調子はヘッド側がしなりやすいもので、ヘッドが走る弾き系の飛距離が得られるシャフト。球のつかまりが良くなり、ロフトが強くなって球が上がりやすくなるものです。先調子は右側が怖い人にとって心強いスライサーの方にもってこいのシャフトです。感覚的には、ヘッドが先にビュって走るのでヘッドがとじそうですよね?そのイメージでいいと思います。 中調子 中調子はイメージの中では先調子と元調子の中間をイメージするシャフトです。ゴルフスイングが固まっていない初心者はこのシャフトを選ぶことをおすすめします。 元調子 元調子のシャフトは手元側(グリップ側)がしなりやすいシャフトです。球のつかまりは悪くなり、ロフトが弱くなり球が上がりにくくなります。元調子を使う人は左側が怖いフッカー向けです。イメージ的にはヘッドがなかなか戻ってこないイメージです。 ダブルキックポイント 先調子と元調子を合わせ持つ特殊なシャフトです. いわずと知れた日本の横綱ゴルフブランド「ゼクシオ」です。ヘッドターンのしやすさと打点のミスに強い仕上がりで、打ってみるとやはりやさしいなと再確認させてくれますね。このイレブンは、スイングをいい方向に導く(トップを安定させてブレを少なくする)技術が搭載されていますから、スイングがバラついてしまう方に効果があるでしょう。ボールがよく上がり、右に打ち出しにくい設計になっているので、プッシュスライスにお悩みの方は試す価値が大いにあるモデルです。 このゼクシオ イレブン ドライバーでスライスが改善し、逆に強いフックボールが頻出する場合は「ゼクシオ Xドライバー」を試してみるといいでしょう。 ゼクシオは歴代、打ったときの音や感触を大事に開発されてきました。打っていると爽快な気分になります. シャフトとヘッドをくっつけるのに必要なものをスリーブといいます。シャフトだけを購入してもカスタムをしてもらわないと使用することができません。しかし、自己調整できるヘッドには、シャフトとヘッドを結ぶスリーブというものがついています。要は、スリーブ付きのシャフトを購入すればいいわけです。これでお分かりかと思いますが、フェイスの向きや重心位置とロフト角を自己調整できるヘッドをひとつ買って、スリーブ付きのシャフトを数本買っておけば自分のスイングの調子に合わせて自己カスタマイズができるということになります。同じ先調子でもトルクという捻れ加減が違ったり、硬さが違ったりするので数本打ってみるといいと思います。 参考までに下記におすすめシャフトを載せておきます。 スライスやフックはシャフトを変えるだけで簡単に治る~スライサーは先調子、フッカーは元調子を使え~のショッピング 画像をクリックすると価格も見れます。ちなみにショップで買うよりはるかにインターネットで買うほうが安いです。「先調子 シャフト スリーブ付き」と検索するとたくさん出てきますので参考にどうぞ。 参考ページ · ゴルフ - スライス&引っかけを減らすドライバー 質問番号6073079「アイアンを迷っています」にて皆様にアドバイス頂き、紹介して頂いた「キャロウェイ レガシーアイアン+M10DB(UNI)」(モデ. About Press Copyright Contact us Creators Advertise Developers Terms Privacy Policy & Safety How YouTube works Test new features Press Copyright Contact us Creators.

スライス&引っかけを減らすドライバー質問番号6073079「アイアンを迷っています」にて皆様にアドバイス頂き、紹介して頂いた「キャロウェイ レガシーアイアン+M10DB(UNI)」(モデルチェンジ前)biglobeなんでも相談室は、みんなの「相談(質問)」と「答え(回答)」をつなげ、疑問や悩み. それでは実際に考えられるフィッティング方法を簡単に考えたいと思います。分類は下記の5つ通りとします。もちろんスイング軌道によって原因が違う場合があるので、GOLF5での診断をおすすめします。また先調子にしたり元調子にしたりすることで、打ち出し角が上がったり下がったりします。これが飛距離にも影響しますので自分の打ち出し角をチェックしておくこともおすすめします。なお最近のヘッドはロフト角も調整することができるヘッドが多いのでそれで調整することも可能です。 【つかまりを強化する】 凄いスライサー:ヘッドはクローズにし、シャフトも先調子にする 軽いスライサー:ヘッドのみクローズに設定する。もしくはヘッドはスクエアでシャフトを先調子にする 【つかまりを悪くする】 凄いフッカー:ヘッドはオープンにし、シャフトも元調子にする 軽いフッカー:ヘッドのみオープンに設定する。もしくはシャフトを元調子にする. alba最新号722号(年4月13日発売)では「頑張らなくても真っすぐ飛ぶことが大事 クラブも男性も顔重視です」と題してエリカ流のクラブ選びを. ドライバーの引っ掛けは3つの工夫で完全防止! 「alba710号 引っかけスライス 年10月13日発売」より. 直進性の高さと打点のミスへの強さで人気の高いピンのドライバーの、スライサー向けモデルです。SFTとは「ストレート・フライト・テクノロジー」の略で、直進性の高さに加えて、ヘッドがターンする力を高めたモデル。ヒール後方側にウェートが装着されていて、ヘッド本来の重心の深さによる打点のミスへの許容性に、ヘッドの返しやすさを付加しています。 SFTではないスタンダードのモデル(G410 PLUS)と比べるとヘッドはターンさせやすくなっていますが、それでも国産のモデルほどではありません。適度なヘッドの戻しでフェースをスクエアに戻しやすくしつつ、ヘッド本来の直進性の高さによりスライスを軽減させ、左に打ち出したボールを適度な曲がりに変えてくれます。打点が少々ズレてもボールを安定して飛ばしてくれるのもポイントのひとつ。 この2つの効果で、狙った方向にちょうどよくボールが戻ってくる感じですね。合うゴルファーのイメージは、カットスライスが出た後に、スライスを防ごうとして次のショットでは左に真っすぐ行ってしまうことが多いゴルファー。ピンポイントな言い方ですが、意外に多いはずです。 ヒール後方に装着された. スライス&引っかけを減らすドライバー質問番号6073079「アイアンを迷っています」にて皆様にアドバイス頂き、紹介して頂いた「キャロウェイ レガシーアイアン+M10DB(UNI)」(モデルチェンジ前)を無事購入できました。.